2006年9月 6日 (水)

これぞ!産・官・学の研究です

060905 今年5月に、経済産業局から採択された研究事業「柿ポリフェノールを用いた抗加齢製品の開発」の作業部会が、富山県の医薬品メーカー明治薬品さんで開かれました。

石川県からは、ルバンシュの他に金沢大学薬学部と石川県農業総合研究センター、富山県からは、富山大学和漢薬研究所と明治薬品(株)、あと九州からは長崎大学薬学部からそれぞれ参加メンバーが集まりました。

それぞれの研究機関から、北陸で採取した柿ポリフェノールについて、「有効成分の分析」「低分子化技術の確立」「機能性評価」などについて発表があり、ルバンシュでは柿ポリフェノールを配合たクリームの乳化技術と試作品を紹介しました。

製品化までの道のりは未だ長いのですが、今回の研究発表により、アンチエイジング素材としての柿ポリフェノールの可能性をさらに深めた1日でした。

諸先生方と一緒に研究が出来る幸せを噛みしめながら、製品化に向けての歩みを続けていきます。また折を見て、続編をお送りいたしますね。

|

2005年11月25日 (金)

ルバンシュ商品フランスへ渡る・・・

久々の登場!のふっちゃんです~ヘ(^0^)ノ 

「仕事しろ~ w(0o0)w 」というみんなの目線に後ろ髪を引かれながら、フランスとイタリアに新婚旅行に行ってきました~〈( ^-^)ノ
旅行前に、フランスの暴動 w(☆o▽)w が大きくニュースで取り上げられてて、周りからもすごく心配されていたのですが、現地についたら「あれ!?o(^。^*)。。oO」というくらい何もなく、現地の人もそんなことあったの??ってくらいでした。ニュースって怖いですね・・・(>。<)

もちろんフランスには、ルバンシュ商品を持参。故郷につれてきたぞ~ってな思いで。
そう、ルバンシュとはフランス語で復讐(リベンジ)の意味なのです。だからフランスで使うルバンシュ商品は格別・・・っというわけもありませんが (;^。^A 。
でも、現地の人がみたらどう思うんでしょうね? パッケージに「復讐 ;-ロ-)!!」って書いてあるんですから。

そんなことを思いながら、旅行をしたのでありました~。
でも、もうちょっと遅かったら松井秀樹選手に会えたのになぁ~(^ー^)ノ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

石川県理容組合のセミナーで講師を…

今日は、石川県理容組合青年部様主催のセミナーで講師を務めてきました。

「ヘアビジネスとコスメ産業の不思議な関係」という不思議なテーマで、肝心の話の内容はここでは書けませんが、業界の裏話から化粧品の見極め方など幅広く話をしたつもりです。一番盛り上がったのは、今回のセミナー用に作った原価2円と1,000円の化粧水を参加者に配り、どちらが1,000円かを当ててもらう使用テストで、今回も半数以上が2円の化粧水を1,000円だと思ってくれました。

この結果は、私にとっては嬉しいことで、いかに2円の原価でリッチな使用感にするかを考えながら作り、それが見事結果に反映したのですから…。(へへへ~)
もちろん、2円は合成原料で、1,000円は天然原料で作りました。恐るべし合成原料!

で、見事1,000円を当てた方には、ルバンシュの入浴剤「金時草の湯」をプレゼントしたのですが、なぜか参加者全員分用意した数がほとんどなくなっていたんです。
なんで???

青年部の皆様、ご静聴ありがとうございました。楽しかったです!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月 3日 (月)

製造開始から完成するまで約一週間かかるルバンシュ化粧品

ルバンシュで使用している防腐剤(保存料)は、すべて食用成分です。チョウジエキス・ローズマリーエキス・わさび発酵エキスなどを単独で使ったり併用したり、商品によって使い分けています。

ただ、メチルパラベンに代表される石油系防腐剤と違い殺菌力が弱いため、製造時にはとても気を遣います。まず、液(クリーム)を完成して最初の菌検査を行い、3日後の菌判定で合格となったら、容器への充填を行います。今度は、充填した商品の中から再び菌検査を行います。さらに3日後の菌判定に合格して初めて、ルバンシュの製品倉庫に並び出荷を待つことになります。

こうやって時間をかけた商品なので、わが子のように愛着がわきます!!公私ともに親バカせんちゃんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月30日 (金)

あらためて、食用成分100%

〝食べられる化粧品〟に関して、こんな批判を目にすることがあります。『食べられることと肌にいいこととは別。例えば、ビタミンCを含んだレモンを食べると肌にいいけれど、直接肌にのせるとシミになる』というようなものです。

だけど、だけど・・・それは違います!とりっちゃんは言いたい。例えばレモンを肌にのせるとシミになるのは、レモンの成分にはビタミンCだけではなく、シミの原因となる他の物質が含まれているからです。ルバンシュの化粧品に配合する原料はもちろん、肌に良い成分だけを精製し、化粧品原料として安全性を確認されたものです。適当に選択しているわけではありません。食用成分100%というのは、安全な化粧品原料であり、かつ、食品にも使用が認められている成分100%という意味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水)

秋の新商品の時期ですが・・・

ルバンシュでは新商品をだしません (-σ-)
って、威張ることでもないんですが (・・ )ヾ

「新商品」「秋バージョンにリニューアル」ってよく耳にする言葉ですよね~。
新商品、リニューアルといってもいろいろあって、ほんの1成分をほんのわずかだけ加えてもそれは言えるわけで、つまり、

「今話題の新成分○○を配合し、○○力をUPして新登場!」
ってなります。もちろんこれは購買を促進するためにはいい方法ですが、1消費者としてはなんだか納得の行かない話です( `´)

もちろん化粧品でもこんな話はあります。
中身がわからない場合はその会社を信じて買うしかないんですが、表示等でわかる場合はじっくり吟味して買うことをお勧めいたします!

以上、ふっちゃんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月21日 (水)

明日ハンドクリームを製造します

研究なのに? (o_o ;)g_photo15
と思われる方もいるかもしれませんが、ふっちゃんは研究のほかに一部製造も行っております。じつは。

それで、明日はハンドクリームの製造(^~^)
ハンドクリームは食用成分100%ですので、つけた手で料理をしたり、お菓子を食べたりできます。なので、小さなお子様をお持ちのママ、パパも安心してお使いいただける商品だと思います。

ふっちゃんも手はよく乾燥するので、冬になるとハンドクリームつけていますが、つけた後で、すぐに料理をしたり、食器を洗ったりするのには抵抗がありました。なので、せっかくハンドクリームをつけても洗い流していたのです~ ( ̄□ ̄;)!!

そこでつくりだしたのが、食用成分のみで作ったハンドクリーム


この発想 ( ̄^ ̄)に共感したかた、是非一度お試しください。
防腐剤にワサビ根発酵液を使ってますが、料理が辛くなることはありません(笑)(ノ"o")へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水)

エステ商品

つい先日、友人が化粧品自慢をしてきました。

友人:「これエステで買ったんだけど♪ (^。^)」

ふっちゃん:「へぇ~」

友人:「すんごく効くって勧められてね。結構いいみたいよ(^◇^) 」

ふっちゃん:「(表示成分をみて)えっ!これうちのメラニンスポッツにも入っている成分なんやけど。んで、これいくらしたの?」

友人:「15,000円♪ フンパツした~♪」

ふっちゃん:「げっ!(。`。)そんな高いの?」

友人:「どうしたの??そんなに驚いて!?」

ふっちゃん:「別にいいんだけど。うちのメラニンスポッツより、成分すくないのに3倍以上の値段してるし・・・」

友人:「・・・・ (。_。)」

女性の綺麗になりたいという願望の強さにも驚きますが、そこに漬け込んだエステの商売もたいしたものです。もちろんエステの一部でしょうが、みなさんも気をつけましょうね!
エステティシャンは医者ではありませんので、医療的なことを言ってくるところは、まず注意ですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 7日 (水)

ルバンシュの化粧品は・・・

男性にもつかえるのでしょうか?? (・_・|

「はい!使えます (^o^)」

もちろん、男性専用ってわけではありませんが。


市販されている男性化粧品というものは、「皮脂の分泌が多い男性」をターゲットにしていますから、いわゆる収斂化粧品が多く、お肌の弱い方には少々合いにくいのではないかと思います。
ルバンシュの化粧水は、食用成分のみで作られていますから、そんな方にも安心しておつかいいただけますよ。食用に男女で違うことはありませんからね ( ^-^)

数年前に男性化粧品が登場してから、今では徐々に使用人口が増えているようです。もちろんルバンシュの化粧品も少数ではありますが男性ユーザー様がいらっしゃいますよ (^o^)9

今夜、キリンカップで日本代表戦があるな~ (-。-) って考えていたときに、そういえば最近のサッカー選手もおしゃれになった (゜ー゜*) ことにフトきずき !(^O^) こんなコラムを書いてみたふっちゃんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 2日 (金)

スキンケアの功罪

怖いですね・・・パラベンのお話。シミやシワの原因になるという紫外線を避け続けて生きてきたりっちゃんにとっては晴天に霹靂なお話です。パラベンが使われた日焼け止めはたくさんありますから。

そう言えば、りっちゃんの母は、ろくなスキンケアもしていないのに同世代の人と比べて肌が若いです。自宅でするお仕事のためほとんど外に出ないからでしょうか。パラベンにも紫外線にもあまり晒されない生活なんですね。でも、うちの母みたいにはいかない私達。今日も紫外線を浴びなければいけないお肌を守るには、パラベンフリーのルバンシュですね、やっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)