« あったかい部屋で食べるアイスは最高! | トップページ | 想像以上の美味しさ!麩づくし鍋セット »

2017年12月20日 (水)

今年も熊本の仮設住宅に星稜大生が化粧品を届けてくれました♪

千田です。今年も金沢星稜大学・経済学部の岸本秀一教授のゼミ生と一緒に、化粧品を共同開発しました。
171220
昨年は、能登のラベンダーの精油を配合したハンドクリーム。今年は、加賀野菜・金時草(保湿成分)を配合した石けんです。

先週末(15日)、岸本先生とゼミ生の総勢15名が石川県から熊本県に出向き、昨年同様、益城町の仮設住宅を一軒一軒周り、石けんを届けてくれました。

1712202

ルバンシュでは、ドライシャンプーを開発した6年前より、同製品の売上の一部を東日本大震災で被災した地域に、義援金として毎年拠出してきました。

昨年からは、金沢星稜大の岸本ゼミ生とともに、“熊本県の被災地支援”という観点から、被災地に出向き化粧品をプレゼントしています。

Img_7835 ルバンシュは、石けんを開発から製造まで無償で行い、岸本ゼミ生は、商品企画と製造の一部を担当していただき、さらに、ゼミ生自身が熊本まで直接出向き化粧品を渡してもらっています。

2年目ですから、仮設住宅に直接送るという方法もあったのでしょうが、学生たちは手渡しにこだわり、今年も訪問してくれました。

その想いは、商品に付けられたメッセージカードにも表れています。

1712201

ルバンシュでも6年前から続けている被災地支援も、当初の“義援金”から最近は“心を届ける”に変わってきました。心を込めて開発製造した製品を、学生たちが愛をもって被災地に届けてくれる。

Img_7890 ゼミ生から熊本プロジェクト終了の御礼として、現地のお土産が本日届きました。なぜか博多名物でしたが…笑。

御礼をいうのはこちらの方です。
仮設住宅で暮らす方々の笑顔に貢献できたのですからhappy01

Img_8863_2
岸本先生、そしてゼミ生の皆さん、どうもありがとうございましたsign03

|

« あったかい部屋で食べるアイスは最高! | トップページ | 想像以上の美味しさ!麩づくし鍋セット »

10.社長(千田和弘)のブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あったかい部屋で食べるアイスは最高! | トップページ | 想像以上の美味しさ!麩づくし鍋セット »