« 社員のダイエットを社長がサポート! | トップページ | 乾燥対策 »

2016年1月19日 (火)

もうすぐ大寒です。

今年は暖冬と言われていましたが、先週から寒くなりましたねsnow
暦の上で、一番寒い日とされている「大寒」が近いからでしょうか。
今年の大寒は1月21日です。
(ちなみに大寒は1月6日の小寒から数えて15日後とされています)

大寒にまつわることを調べてみるとeye
大寒の朝に汲んだ水は腐りにくいと言われています。
また、厳しい寒さのため空気中の雑菌が少ないことから、高野豆腐、寒天、酒、醤油、味噌などを仕込む時期に適しているとのことです。

その他、大寒の日に産み落とされた卵は、「寒たまご」と呼ばれ、風水的に金運や健康運がアップupすると言われています。
この時期の卵は、滋養に富んでいると言われ、昔から健康な暮らしを願って食べられてきたとのことです。

このように、大寒の強い寒気を利用し、作られる食べ物が種々あることに、先人の経験の蓄積によって得られた知恵を再認識しました。

厳しい寒さが続くこの時期、お肌が荒れやすい時期です。
ルバンシュshineモイスチャークリームshineは、肌のキメを整えながら、うるおいを逃さない保湿クリームですhappy01
(開発Y)

Photo_2

|

« 社員のダイエットを社長がサポート! | トップページ | 乾燥対策 »

20.スタッフのブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 社員のダイエットを社長がサポート! | トップページ | 乾燥対策 »