« 至福のひととき。 | トップページ | お魚天国 »

2015年12月14日 (月)

同業のサティス製薬さんの顧客サービスに脱帽

151214_2千田です。先日、東京出張の際に化粧品のOEM(相手先ブランド)製造を手がける「サティス製薬」さんの研究所にお伺いしてきました。

社長の山崎さんとは、もう6年以上のお付き合いになります。私より年齢はお若いのですが、いつもアグレッシブで常に進化を求め果敢に挑戦する前向きな姿勢が好きで、時々お会いし情報交換をさせて頂いています。

今回、昨年オープンしたばかりの東京都内の研究所でお会いしました。「サティス製薬」さんは、様々な会社から依頼を受け化粧品の開発から製造までをサポートする企業さんですから、依頼をする会社は、化粧品に初めて進出するというケースも多く、そのような相手先の会社に向けたあらゆるサービスが、この新しい研究所にありました。

1512141
1512145まずは、広いオープンスペースに、お取引先の方であれば誰でも利用できる<図書ライブラリー>がありました。ここには、美容雑誌から技術者が読むような学術書まで幅広く揃っていま1512142す。また、コスメランキングで上位の化粧品も陳列してあり、それを自由に試せるスペースも設けてあります。近くにこんなライブラリーがあったら、頻繁に通っていたと思います(笑)。

そして、心臓部である研究所もオープンな広い空間の中で、研究員の方々が好きな研究を自由にできる雰囲気作りを提供されています。研究姿勢においてもオープンで、要請があれば依頼主の社員が研究室に入り、共同研究や評価試験を一緒に行うことも可能だそうです。1512143
さらに、依頼主がこれから化粧品を通信販売で売りたくても、自前でコールセンターをもてない会社に向けたサービスとして、なんとコールセンターまでも「サティス製薬」さんが自社で持っていて、受注対応まで行うことができるそうです。製造だけでなく販売に至るまでトータル的なサービスを行える製造会社はとても珍しいです。

1512144このようなユニークでかつ大胆な発想がどこから生まれるのか、社長室を見せてほしいとお願いしたら、研究室の横に案内され、なんと畳が敷かれたスペースに社長のデスクが置かれていました。まるで、割烹の個室に案内されたかのような感覚でした(笑)。この穏やかなライティングの下で、社員さんとのミーティングも行うそうです。

私自身、同業者を自社のブログでご紹介するのは初めてのケースですが、とても刺激を受けまた大いに勉強になりましたので書かせて頂きました。
ルバンシュとしても、今後どんな顧客サービスができるのか、ユニークでかつ大胆なプランを考えてみますhappy01

|

« 至福のひととき。 | トップページ | お魚天国 »

10.社長(千田和弘)のブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 至福のひととき。 | トップページ | お魚天国 »