« 朝、早くファンデーションを塗りたくて | トップページ | 秋冬の特別ケア »

2014年10月27日 (月)

生涯で食べてしまう化粧品の量は1.7キログラム!?

千田です。先週は、東京ビッグサイトで開催されていた「化粧品開発展」を見学してきました。化粧品の原料から容器に至るまで、様々な美容関連の会社さんがブース出展していました。今回、ブース展示とともに開催されていたセミナーで、とても衝撃的な内容がありましたので、ご紹介させていただきます。

<リーディングカンパニーが語る!今求められている化粧品の開発とは?>というタイトルで、資生堂さんとエスティローダーさんの役員クラスの方が、それぞれの視点でお話しされたのですが、エスティローダーさんのお話しで、化粧品開発で重視しているポイントとして、sight(視覚)・smell(嗅覚)・sound(容器を開けるときの音など)・touch(使用感)という一般的によく耳にする内容のあとに、taste(味)というキーワードが出てきたときに、えっ??という思いとともに、ルバンシュの開発ポリシーを大手メーカーさんの口から聞けて嬉しくなりました。

そして、「生涯で食べてしまう化粧品の量が1.7kgにもなる」というお話しが出て、私の想像を超える量だったので、驚きを隠せませんでした。

P_parts_3講演後、そのお話しをされた方と名刺交換をさせていただき、1.7kgはどこから得られた情報なのかをお聞きしたところ、残念ながら忘れてしまったということで、その発信元を確認することは出来なかったのですが、私にとっては衝撃的な内容でした。


日々微量でも食べてしまう化粧品を、ルバンシュでは化粧品基準に加え、食品基準という独自の評価基準を設け、肌にも身体にもやさしい化粧品作りを目指していますが、今回の講演を聴き、改めてその思いがいっそう強くなりました!

|

« 朝、早くファンデーションを塗りたくて | トップページ | 秋冬の特別ケア »

10.社長(千田和弘)のブログ」カテゴリの記事

コメント

千田社長,先日のご講演ありがとうございました.学生のレポートでも,この量は強く印象に残ったとの記載が多かったですね.
さて,当方も気になったので調べてみましたが,出典らしきものを見つけることができませんでした.
ただし,口紅については1回の塗布量が0.04gで計算とのことがわかりました(例えば,厚生労働省資料:http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002llm7-att/2r9852000002llzw.pdf).
この全量が経口で体内摂取されると仮定すると,0.04(g)×1(回/日)×365(日)×70(年)=1,022(g)となります.口紅だけで約1㎏ということですね.
口紅だけで1㎏となり,残りの約700gは他の化粧品で経皮摂取ということでしょうかね?

投稿: たけち | 2014年10月27日 (月) 19時05分

たけち様
詳しく調べて、計算していただいてありがとうございます。口紅は経口する率の一番高い化粧品ですからね。
これからもルバンシュの姿勢に自信を持って、人に肌に優しい化粧品づくりを行っていたきいと思います。

投稿: ルバンシュ スタッフ | 2014年10月28日 (火) 09時23分

武市先生、この度は口紅の経口摂取量を調べてくださいまして、ありがとうございました。ご講演された方は、0.06g/日と言われていたので、先生が計算された70年というのも妥当な期間なのでしょうね。(0.06gの場合で、1.533kg)

口紅やリップ、グロス以外にも、歯磨きや手に付着した化粧品類も含まれての計算と思われます。

私のブログを見てすぐに行動を起こして調べていただいたことが、とても嬉しく心から感謝いたします。ありがとうございました。

投稿: 千田 | 2014年10月29日 (水) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝、早くファンデーションを塗りたくて | トップページ | 秋冬の特別ケア »