« リラックス法 | トップページ | 防災週間について »

2014年9月12日 (金)

ニキビの克服。

ここ数年、特に夏場ですが、ニキビに悩まされてきました。
若いころはほとんどニキビができることがなかったのですが、
アラフォーになり、がっつりアダルトニキビです…跡も残るし、本当に気が滅入ります…。

しばらく皮膚科へ通っていましたが、出された塗り薬は肌に合わず、中止。
効果があるものだったのですが、私には刺激が強く、ピリピリ痛かったのです。
ニキビがひどくなってきたら、抗生物質を飲んで発現を抑える治療を続けてきたのですが、治ってはできるの繰り返しで、なかなか元には戻りませんでした。

治療は続けるとして、日々の生活も見直さなければと思い、
①食生活を見直す=体内
②毛穴のつまりや古くなった角質を取り除くことで改善できないか=体外
と、体の内外から同時にアプローチするべく、様々な方法・製品を試しました。

結果、最も効果があったのは、
①ビタミンCとビタミンB群、特にB2とB6を摂取(サプリメントも使用)
AHAクリアジェルの使用(1週間から10日間隔)
この2点でした。
ニキビ治療の教科書通りですが(笑)、これでかなりの改善が見られました。

ビタミンCとB群の働きは、
「ビタミンB群は脂質の代謝を活発にして、皮脂の分泌を適正に保つ働きがあります。なかでも、皮脂の分泌を調整して肌を健康に保つビタミンB2が不足すると、肌が脂性になり、ニキビができやすくなったり、できてしまったニキビが悪化したりすることがあります。さらに、ビタミンB2をはじめとするビタミンB群やコラーゲンの生成を助けるビタミンCが不足すると、肌のターンオーバーのリズムが乱れ、ニキビだけでなく、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因になります。」
なのだそうです。
不足していた栄養を体内に取り込み、外からターンオーバーの手助けをしてやることが、私の場合には効いたようです。

夏場によくニキビができるのは、皮脂の分泌が活発になることももちろんですが、夏バテであまり食べていなかったことも原因の一つだったのだろうと思います。

来年の私へ:夏場はちゃんと食べるように!!(研究T2)

|

« リラックス法 | トップページ | 防災週間について »

20.スタッフのブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リラックス法 | トップページ | 防災週間について »