« 毎日できるかな? | トップページ | 開発担当者の話-その21 »

2014年1月20日 (月)

投票箱から意見箱に…

千田です。昨年末、全社員による社長投票を行いました。誰がルバンシュの社長にふさわしいかを決める選挙です。140120_2
市長は市民が決めるように、社長も社員が決める制度があってもいいと考えたからです。 そして、社員にも社長を選ぶ権利と社長になれる権利を与えたかったのです。

もちろん、私自身が社員に見られているという意識をもつことで、より一層襟を正して業務を行うことができます。

2週間の投票期間を経て、12/27(金)に社員の前で開票を行い、無事私が社長に再任となりました。1401201
年明けに、若手社員とこの社長選挙の在り方について意見交換の場を作りました。
その時に感じたのは、普段あまり会話ができていない社員ともっとコミュニケーションをとっていかなければいけないことと、心おきなく私に意見を言える場を作る必要性を感じ、投票箱から“社長への意見箱”に名称を変え、投書も直筆でなくてもよく、パソコンで文字を入力すれば意見の出所がわからないため、より意見を書きやすくなると思っています。
1401202
もちろん、意見が出ないような環境を作っていくのが私の役目ですが…coldsweats01

|

« 毎日できるかな? | トップページ | 開発担当者の話-その21 »

10.社長(千田和弘)のブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎日できるかな? | トップページ | 開発担当者の話-その21 »