« トイレ掃除 | トップページ | 福島の光と陰… »

2013年11月22日 (金)

未来の製品のために。

みなさんは、「研究職」と聞かれると、どのようなイメージを持たれていますか?
おそらく、黙々とビーカーやフラスコを手にして実験をしているイメージですよね。
もちろん、ほとんどの時間がそうなのですが(笑)、
どの仕事でも同様、作る=アウトプットするだけでなく、インプットすることも必要です。
文献に目を通したり、原料の最新情報を手に入れたりと、これらは我々の仕事に必要不可欠なことです。

…と、前置きが長くなりましたが、先日、日頃よりお世話になっている原料メーカー様主催のセミナーに参加させていただきました。
Dsc_0303_2

最新のトピックや原料紹介などが主題だったのですが、どれも大変興味深く、
また開発担当の方がどういう背景で、どのように考え、取捨選択をし、的確なデータを出すというプレゼンテーションの流れがスムーズで、プレゼンの仕方という点でも学ぶべき点がたくさんありました。

終了後しつこく質問させていただいても、丁寧にご対応いただき、感謝感激!でした。

早速帰りの電車の中で、あれこれ処方を考えながら帰途に就いたのでした…。
さて、今日仕入れた知識からどんな製品がうまれるでしょうか?(新人T)




|

« トイレ掃除 | トップページ | 福島の光と陰… »

20.スタッフのブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110900/58617336

この記事へのトラックバック一覧です: 未来の製品のために。:

« トイレ掃除 | トップページ | 福島の光と陰… »