« 季節ですから・・・ | トップページ | お鮨の名店にルバンシュの… »

2013年7月 5日 (金)

ファンデーションの容器検討

こんにちは、企画担当のSちゃんです。
今日はファンデーションの容器について、ちょっとお話。

クリームファンデーションでよく見る容器といえば・・・ジャー容器。
広口の容器で、ふたを回して開けたら、スパチュラ(スプーンのようなもの)でクリームをすくって使用するタイプです。

ただ、この容器は空気に触れる面積が多く、雑菌の混入などを考えると、ルバンシュのデリケートな化粧品には不向きなんです・・・bearing

そこで今回検討しているのが、エアレスのポンプ容器。

ルバンシュでは既にラトゥーモイスチャークリームで使用している、容器の中を真空にして、クリームを押し上げて出す仕組みの容器です。

クリームが外気に触れることもなく、雑菌の混入も防げてとっても衛生的note

ただ、クリームをポンプでだすとなると、美容液などよりも粘度が高いため、より慎重に検討をします。
1プッシュが重くないか、ちょっと出したい時もスムーズか、クリームが詰ってしまうことがないかナド、色々なタイプのポンプで比較検討し、最良のものshineを選びます。

ちなみに、写真は研究室の冷蔵庫で眠るファンデーション達sleepy
Blog0705__
温度の違いでクリームに変化がないか、スムーズに出すことができるかを、高温、低温など、あえて過酷な状態にしての検討も行なっていますhappy01scissors

|

« 季節ですから・・・ | トップページ | お鮨の名店にルバンシュの… »

20.スタッフのブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110900/57728150

この記事へのトラックバック一覧です: ファンデーションの容器検討:

« 季節ですから・・・ | トップページ | お鮨の名店にルバンシュの… »