« “We can eat”に目を奪われる | トップページ |  よろこんでくれるかな~。 »

2013年5月21日 (火)

開発担当者の話-その4

商品開発担当者のY.Nです。
今回は、ハンドクリーム ウォーターヴェールについて、お話しますshinePhoto この商品の特長の一つは、べたつき、ヌルつきがなく、みずみずしいタッチである使用感です。それを達成するために、検討を重ねました。
それと同様に苦労したところは、「味」です。
ハンドクリームを塗った手で、食べ物を口にする、食事の用意をする、赤ちゃんのお世話をする、どれも抵抗なくするには、無味無臭でなければならないとの考えから、「味」の面にもこだわり開発しました。
具体的には、保湿成分や乳化剤など各原料について「味見」しながら、処方検討を行いました。また、開発担当者だけでなく、各部署のスタッフも実際に試作品を「味見」し、開発を進めた一品ですscissors
ハンドクリーム ウォーターヴェールは、手は、もちろんのこと、どんな場面にもお使いいただけます。
たとえば、
・男性のひげそり後の保湿に。
・赤ちゃんのデリケートなお肌への保湿に。
ぜひ、お試しくださいhappy01

|

« “We can eat”に目を奪われる | トップページ |  よろこんでくれるかな~。 »

20.スタッフのブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110900/57423056

この記事へのトラックバック一覧です: 開発担当者の話-その4:

« “We can eat”に目を奪われる | トップページ |  よろこんでくれるかな~。 »