« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月25日 (火)

ルバンシュとわさびの意外な関係

夏休み報告の最後はスタッフOの軽井沢旅行。

さすがに避暑地だけあって過ごしやすいし、食べ物も美味しいwine
しばしの間、別荘族気取りで贅沢してきました。

 

続きを読む "ルバンシュとわさびの意外な関係"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

漢方のチカラできれいになる!

社長のブータン訪問記につづき、スタッフIの韓国訪問記です。

先日、夏休みをもらって向かった先が大好きな韓国sign01
韓国第三の都市と言われる「大邱」の「薬令市」へ行ってきましたhappy01
ここは、今から300年以上前から漢方薬の専門店が集まる通りとして知られています。
Fxcam_1346466667084

Fxcam_1346471872413

通り一帯に漢方の香りが立ち込めていて歩いているだけで健康になれそうhappy02
普段から漢方薬を飲んだりラトゥーを使ったり、何かと漢方にはお世話になっていますshine

そして、更なる漢方を取り入れるべく、ここでは「五味子」を購入してきました。
五味子を水出しするだけで、こんなに鮮やかな「五味子茶」が簡単に作れるんですheart02
20120917_215611_3

これなら、めんどくさがりな私でも手軽に漢方茶が楽しめそうですsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

社長のブータン訪問記

千田です。久しぶりの登場です(笑)
先日、あの世界幸福度(GNH)No.1の国「ブータン」に行ってきました。
国土の面積が九州くらい、人口は約70万の小国です。
なんといっても標高が2,000mもあるところなので、
空気が薄くちょっと階段を上っただけでもゼーゼー息が切れます(^^;)
紫外線も強いから、「モイストUVクリーム」は常に携帯。
雲が近いでしょ→
120909 私が今回の視察旅行で一番関心を持っていたのが、
ブータンはどのようにして国民の幸せ度を高めているのか?でした。

早速、現地のガイドさんにその質問をぶつけてみたところ、
幸福度を高めるために国が掲げている政策が4つあると教えてくれました。
1.文化を守る
2.自然を守る
3.すべての都市が同じように発展(平等の精神)
4.良い政府を作る

厳格な仏教国で親戚に一人は僧侶がいるというから、
日々の生活から心の教育がなされているのでしょう。

実際にこの国を訪れて感じるのは、
手つかずの自然の中に国民が動物と共生して、
決して豊かな暮らしとはいえませんが、
豊かな精神が彼らの誇り高さの根元なのでしょう。

また、文化を守る一つとして、
現地の人はほぼ全員、同じ民族衣装を着ています。
私もその衣装に身を包み現地の人と、
一緒に記念撮影をしました。すっかりブータン人ですhappy01
1209091 5年後、10年後もこのままであってほしいと願い、
またブータンを訪問する日を思い描き、私の旅の報告とします。

ブータン国王のいるお城です。格式の高い場所ですので、民族衣装に白い布をかけないと入れてもらえません。↓
1209092

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

省エネへの取り組み

昨今、地球温暖化をはじめとする環境問題、
また、原子力発電所停止で、節電、省エネが叫ばれている中、
ルバンシュも電力量がリアルタイムに表示される機械を設置しました。
使用電力量がタイムリーに見えることにより、さらに節電意識を高めます。
事務所には、空気循環装置を取り付けたことにより、空調の効率をよくしました。
製造所内は、照明のLED化を進めています。

Demand2

ルバンシュは、地元で省エネルギーに取り組むモデル企業となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »