« 愚直に頑固にきれいを追求!? | トップページ | 21年目にして初の社債発行 »

2011年3月21日 (月)

外交ジャーナリストの手嶋龍一さんと…

110321 昨日、JapanTent のホストファミリー大会が北国新聞交流ホールで行われ、外交ジャーナリストで作家の手嶋龍一さんの記念講演が開催されると聞いて、ホストファミリーでもないのに、会場に駆けつけました・笑

実は、先月取引銀行さんが主催する講演会で、初めて手嶋龍一さんの講演を聴いて以来、すっかり手嶋ファンとなりまして、講演会終了後の懇親会で、当日司会を務めルバンシュの愛用者でもある小西敦子さんと一緒に、手嶋さんのもとに向かい少しお話しをさせていただく機会を得たのですが、地方から全国区の企業になるために注意しなければいけない点など、熱心にアドバイスして下さるお姿に、とても感動したのです。110223

手嶋さんは、NHKワシントン支局長の時に、あのニューヨークで起きた9・11同時多発テロ事件を、11日間にわたる24時間連続放送を担われていた方であり、今回の3・11東日本大震災での政府対応について、手嶋さんがどのようなお話しをされるのかにとても関心がありました。

昨日の講演内容で一番印象に残った言葉は、「日本の首相も、サッカー日本代表や日産自動車のように、海外から優秀な指導者を招聘するしかないのでは…」。

悲しいことだが、その通りかもしれない。

講演終了後、手嶋さんの元へ挨拶に伺ったところ、光栄にも私のことを覚えてくださっていて、講演後でお疲れなのに、「千田さん、30分ほど話ししましょう!」と声を掛けていただき、場所を変え、結局1時間ほど経営に関する無料相談(笑)に乗っていただきました。

手嶋先生、本当にありがとうございました。

|

« 愚直に頑固にきれいを追求!? | トップページ | 21年目にして初の社債発行 »

10.社長(千田和弘)のブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110900/51179919

この記事へのトラックバック一覧です: 外交ジャーナリストの手嶋龍一さんと…:

« 愚直に頑固にきれいを追求!? | トップページ | 21年目にして初の社債発行 »