« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

地元野菜のローションでお肌をリフレッシュ!

あっという間に8月も最終日となりました。

とは言っても美肌の大敵・紫外線はまだまだ降り注いでいます。       Photo
ルバンシュのUVケアシリーズでしっかりガードして下さいね。

でも、「うっかり日焼けしちゃった。」という方もいらっしゃることでしょう。
そんな方の為に今朝、地元・石川テレビの“リフレッシュ”という情報番組で《日焼けした肌のお手入れ法》が紹介されました。

説明するのは、我が社の社長サマ。番組内では地元野菜を使用した手作り化粧水のレシピを、まるで料理の先生の様に披露していました。
 レシピはコチラ⇒ http://www.ishikawa-tv.com/refresh/
                         (各コーナーの最新情報・くらしのレシピ -8月31日-)      

使用したのは、お肌に保湿をもたらす『加賀太きゅうり』。地元では、あんかけや酢の物にしていただくことの多い、それは太くボリュームのあるきゅうりなんです。私も、出来上がったローションを使用してみましたが、きゅうりの香りが意外に爽やかでしたよ。

けど、自社の化粧水の宣伝もせずに、手作り化粧水の紹介をするなんて、良心的でしょ?
地元を愛するルバンシュだから、『加賀太きゅうり』の魅力もお伝えしたかったんです。

もちろん、ルバンシュ製造の商品にもこれまた加賀野菜として有名な金時草や、能登の海洋深層水などを積極的に取り入れています。

地産地消を意識しているルバンシュは、これからも地元素材から目が離せません!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

「日焼けマシン」の発がんリスクを最高レベルに

お盆はいかがお過ごしですか?

さて先日、世界保健機関(以下WHO)が日焼けマシンの使用による発がん性のリスクをたばこやアスベストと並ぶ最高レベルに引き上げました。

もともとWHOは、これまでの研究でも日焼けマシンが皮膚がんを引き起こす可能性が高いとして注意を呼びかけていた。
特に若い時に紫外線を浴びるとリスクが高まることから、18歳以下の日焼けマシンの使用を禁止するべきだと2003年に警告している。

かくいう私も若かりし頃、日焼けサロンに何度か通った経験がありますcoldsweats01。もちろん、紫外線が肌に与える影響を知る前ではあったのですが、いまは、様々な機関からこの種の情報が流れているのに、日焼けマシンはまだ国内に1,000ヶ所ほど設置されているらしい。

このブログを読んで下さっている方に、利用されている方はいないと思うのですが…。

090814 実は先月、皮膚科専門医や学者を中心に構成されている「光老化研究会」のシンポジウムが京都で開催されました。その講演の中で、世界統計によると増加率が最も高いがんが“皮膚がん”と発表されていました。

「光老化研究会」は名称のとおり、光老化(紫外線による肌の老化)に関する様々な最新の知見が発表され、化粧品メーカーにとっても大変勉強になる場です。

ただ、このような会は平日は診療があって時間を作れない先生を考慮して週末に開催されます。休日ということもあってか、化粧品メーカーの技術者の参加が少ないのは、ちょっと寂しく思います。

いま化粧品原料の技術も飛躍的に進化しており、中には皮膚科専門医も認める薬理作用をもった原料も数多くあります。

ルバンシュでは、皮膚科領域の最新の情報を入手しながら、肌の老化の最大要因である光老化にアプローチできる商品を日夜研究中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »