« 社員の結婚式に出席した私の姉 | トップページ | 研究員2名と再び横浜に… »

2009年3月 6日 (金)

あわわやわわ 誕生

Awawayawawa 温泉どころのわが石川県から、「あわわやわわ」が誕生しました。石けんであります。
加賀から能登まで細長い地形の石川県には多くの湯元があり、温泉町が点在しています。このたび、石川県と、加賀の「山代温泉」、「片山津温泉」、そして能登の「輪島温泉」、「和倉温泉」、以上4つの温泉組合さんと一緒になって企画した、温泉に入りた~くなる”石けん”を作りました。
一見、黒い石けんに見えますが、これは濃い紫色の透明石けんです。生薬に使われる「紫根」による色で、もろちん合成色素による色付けはしていません。貴賓のある色合いなんですよ。
そして、一番のポイントは、各温泉地ごとにその源泉(温泉水)を入れていることです。
例えば、山代温泉の「あわわやわわ」には、山代温泉の源泉が含まれます。足を伸ばして和倉温泉に行けば、和倉の源泉が含まれた「あわわやわわ」があります。
温泉水はお肌によいミネラルが多く含まれます。これに、おなじみの地元野菜「金時草」と「石川の地酒」をプラスして、しっとりとうるおいのある石けんが出来上がりました。
どうです?石川県がギュッと詰まった石けんです。
「あわわやわわ」のお話はまだまだ続きます。次回は、そのネーミング秘話とびっくりする泡立ちをご紹介いたします。

|

« 社員の結婚式に出席した私の姉 | トップページ | 研究員2名と再び横浜に… »

20.スタッフのブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110900/44243181

この記事へのトラックバック一覧です: あわわやわわ 誕生:

« 社員の結婚式に出席した私の姉 | トップページ | 研究員2名と再び横浜に… »