« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005年8月31日 (水)

不老不死の薬!?

現実的になると思いますか? (゜ロ゜)
非現実的なことを現実的なものにする。研究をしてるモノにとっては、とても興味がある問題です ( °▽°)

実は、先日「サイエンス」という雑誌に、遺伝子操作によってマウスの寿命が延びたという論文がのっていたんです。

わかります?? ¬_¬)

つまり、老化につながる遺伝子を発見し、それをコントロールすることによって老化を防ぐことができたというわけです。
現実味を帯びてきたと思いませんか??不老不死の薬が!?

これはただ単に、寿命が延びるという話だけではなく、お肌の老化であるシワにも関連してくると思うのです。


このほか研究のトピックスとしては、今週このブログでもお届けしているようにメチルパラベン+紫外線がお肌の老化を促進しているというような興味深い研究も進んでいるようですね~。

シワ、たるみなどのお肌の老化には、遺伝子操作!っていうのはまだまだ現実味がありませんが(-σ-)、まずはパラベンが入っていないルバンシュ商品!または、他の商品に+(プラス)エポカルUVプロテクトってのがいいですかね(笑) (⌒▽⌒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月30日 (火)

パラベン入れると楽だけど

KidsKiss02 ルバンシュ化粧品パラベンを配合していない為、開封前の保存期間は約1年という商品がほとんどです。(配合された市販品は約3年) 大量の作りおきが出来ず、少ロットでの製造になり、手間はかかるしコストも上がります。正直、入社したての頃は「入れた方が楽なのになぁ。」と思っていました。

が、実際にお客様の対応をしていくと敏感肌の人の割合がかなり高いことがわかり、中には何を使用しても駄目で、藁をも掴む思いだった方も。また赤ちゃんやお子様向けにお求めの方も多く、その人達の直接のお声を聞くと「これで良かった。」としみじみ思う、とんちゃんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月29日 (月)

メチルパラベンが肌の老化原因!?

先週25日の朝日新聞朝刊一面の記事を読みましたか?「化粧して外出 お肌の敵?」と意味深な内容が記載されていました。京都府立医大の研究によると、化粧品で最も一般的な防腐剤の「メチルパラベン」が、紫外線に当たるとシワやシミなどにつながる皮膚の老化を進めることが確認できたと書かれていました。

詳しくは、こちらをご覧下さい。↓ http://www.asahi.com/life/update/0825/001.html

ルバンシュは、会社設立当初からずーっと、メチルパラベンの使用を否定してきた数少ない化粧品メーカーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月26日 (金)

欲張りな美容液、

それがモイストエッセンスです。                                  

メラニンスポッツ【シャクヤクエキス・甘草エキス】

リフトアップジェル【加水分解コラーゲン・ヒアルロン酸Na】

AHAクリアジェル【オウゴンエキス・乳酸】

これらの特長成分をバランスよく配合してあります。欲張りですね。でも女性はワガママなもの、りっちゃんも化粧品に関してはたくさんワガママがあります。お肌の悩みはモイストエッセンスに相談。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月25日 (木)

へぇ~、こんな働きがあるんだー和漢植物って・・・

効きそうで漢方っぽさがポイントのルバンシュのモイストエッセンス。ふっちゃんも言ってるように、モイストエッセンスには和漢植物エキスがいっぱい!これらはどんな働きがあるのでしょうか。

トウキ・センキュウ【保湿・血行促進】 オタネニンジン(高麗人参)【代謝促進・保湿】 シャクヤク【日焼け予防】 カンゾウ【肌あれ防止】 オウバク【アクネ菌殺菌】 チョウジ【抗菌・防腐】 そして、大豆イソフラボン【保湿・加齢対策】も配合されています。名前は知っててもどんな作用があるかは??ではありませんでしたか。防腐剤も、もちろん植物成分(チョウジエキス・ヒノキチオール)。安心してお使いいただける美容液です。敏感肌の方からもこれは大丈夫というお声を頂戴しております。お値段が高い・・・?、一滴でよ~くのびるので、よっちゃんの場合2ケ月以上は持ちます(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月24日 (水)

ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解・・・

コラーゲン、大豆エキス(イソフラボン)、大豆発酵エキス、当帰(トウキ)エキス、川キュウ(センキュウ)エキス、御種人参(オタネニンジン)エキス、甘草エキス、芍薬エキス・・・とモイストエッセンスにはた~くさんの美容成分が入っております。

シカ~モ~ (^ム^) (なんかこんなCMあったような)、

それらの美容成分の配合率は、かなり高い!!ヽ(^0^)  です。
研究担当のふっちゃんがいっているので、「間違いないっ!!! ( ̄^ ̄)」 のであります。
もちろんお値段もショウショウタカイデスガ (¬v¬) 。

美容液といっても世の中にはいろいろあります。
ほんのわずかの美容成分を入れてもその成分をメインにした広告をうてば・・・どうでしょう??? (^~^)
すごいいいイメージの美容液が完成してしまいます。しかも値段がそれなりに高いと、これ効きそうだ! (`ヘ´) なんて思いません?

ルバンシュのモイストエッセンスはそんな小細工は一切しておりません。細かい成分もすべて表示してますし(^ゝ^) 。
ルバンシュのコンセプトは”バカ正直”ってのがほんとのところかもしれませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月23日 (火)

“モイストエッセンス”で心配だったのは・・・

moisutoモイストエッセンス”は進化し続けていると昨日のブログにも書かれてましたが、現商品からは和漢植物エキスをたーっぷり配合しています。でも、そこで心配だったのは匂い。塗った直後は薬草のような香りが漂います。案の定、リニューアル直後に「使用感は良いけど漢方臭い。」というお声が(>_<)。「やっぱり。でも配合量は減らしたくないしな・・・。」と困っていたものの、それ以降は全くご意見がありません。(どうして?)

そこでとんちゃんは思い切って“モイストエッセンス”をリピートいただいたお客様に聞いてみました。すると「最初は少し匂いがするけど、天然の香りでしょ。別に気にならないよ。効けばいいのよ。効けば。」とのこと。(良かった)これからも効果・安全を第一に商品づくりをしていきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月22日 (月)

モイストエッセンス(美容液)の進化

先週から出ずっぱりのせんちゃんです。でも、明日からは通常通りスタッフも加わりますので、引き続きご愛読をお願いいたします。

さて、金曜日のブログに、ルバンシュの誕生とともに生まれた美容液「ラトゥー」が、「モイストエッセンス」に進化した話は書きましたが、実は、「モイストエッセンス」は何度も中身をリニューアル(進化)して今日に至っているのです。

「ラトゥー」からの15年間で、中身とともに容器も変えてきています(写真)。   でも、変わらないのはただ一つ。“お客様に喜んでもらえる製品を作り続けること”です。そうやって、一つのブランドをじっくり成長させることが楽しいルバンシュです。moist                          moistold   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月19日 (金)

ルバンシュ誕生秘話その5<たった一品で>

会社設立を終え小さいながらも工場を構え、晴れて化粧品業界の仲間入りを果たしました。お金に苦労しながらも工場を持つことが出来たことは、「化粧品会社」から「化粧品メーカー」になることを意味します。いま化粧品を取り扱う会社は何千社とありますが、その中で開発から製造、販売に至るまで行っている会社は、半数以下です。

設立当初は人手もなかったので、自分が開発した商品を自らが製造し、さらには、その商品を梱包し、時にはお客様に御礼の手紙を添えて出荷する。そんな日々が一年ほど続きました。大変ではあったけど、お客様に届くすべての課程で自分が携わっていくことは幸せでもありました。

実は、ルバンシュが最初に商品化したのは、美容液一品のみです。その名も「ラトゥー」(写真)。なんかラグビー選手?のような名前ですが、これも社名同様フランス語で、意味は“ここにすべてがある”です。(かっこいいでしょ)la_tout

でも、この名前お客様から「読みにくい!」と不評で、後に「モイストエッセンス」とシンプルな名前に変わり15年経った今もこの商品は進化しながら、ルバンシュのエースであり続けているのです。(おわり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月18日 (木)

ルバンシュ誕生秘話その4<資本金集め>

オヤジ(父)からスタートした資本金集めですが、事業計画書の書き直しを命じられたものの、オヤジから何とか200万円の出資約束をもらい、次はオフクロ(母)の番です。オフクロは私の話をろくに聞かずにこう言いました。「社長になるものが30万円しか持っていないなんて情けない!私のへそくり400万を貸すからこれを自分の出資金にしなさい!!」この言葉は自分の胸に突き刺さりました。結局、オフクロのお陰で株式のほぼ半数を持つことが出来たのです。(それにしてもオフクロどうやってへそくり作ったんだろ?恐るべし)

さて、次にお願いしたのは兄と姉です。実は、うちの家族は今どき珍しい5人兄弟で、私はその末っ子なんです(元来甘えん坊)。だから、兄と姉だけでも4人もお願いできる相手がいて、兄弟から3人、さらに姉の旦那からも出資してもらうことが出来ました。小さいときは、一人っ子の友達がうらやましかったのですが、いまとなっては兄弟がたくさんいることに感謝している毎日です。

結局、公言どおり1000万円を1ヶ月以内に集めることが出来、平成2年11月8日株式会社ルバンシュがこの世に産声を上げました。(やったね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月17日 (水)

ルバンシュ誕生秘話その3<自分へのノルマ>

今度は、手持ち資金30万円を1,000万円にする計画がスタートしました。ここで、「1ヶ月以内に1,000万円集められなかったら会社設立を諦める」というノルマを自分に与えました。若輩者(私)は、またよりによって周りにこのノルマを公言したものですから、もう取り消すことが出来なくなって、この一ヶ月がまさしく人生勝負の時となったのです。

あと、「友達には絶対声をかけない」ということも心に決めました。本当は家族より頼みやすかったりするのですが、お金がもとで友情にヒビが入ることを避けたかったのです。(でもこれは公言しなかった小心者です)

そんな背水の陣で挑んだ資金集めは、両親へのお願いからのスタートです。誰よりも自分のことを知っている最大の理解者(両親)から賛同を得ることが出来れば、自分への自信につながると思い、まず頑固オヤジ(父)に自分の思いをぶつけました。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

ルバンシュ誕生秘話その2<株式会社>

ようやくルバンシュという社名が決まり、いよいよ会社の法人登記です。有限会社と株式会社の選択肢がある中で、迷わず株式会社を選択しました。なぜって?、大手の化粧品メーカーがすべて株式会社だったからです。(単純…)

熱い思いだけで突き進んでいた私は、「有限」と「株式」の違いもろくに勉強せず、単純な理由で株式会社を選んでいたのです。早速、登記のために司法書士事務所にいくと、「株式会社の最低資本金は1,000万円ですよ」と告げられました。最低資本金額が300万円で済む有限会社でスタートすることも考えたのですが、ここは自分を試すチャンスと考え、
あえて1,000万円の道を選びました。

なぜ試すチャンスなのかというと、実はその時点で私の手持ち資金は30万円しかなかったからです。(オイオイ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月15日 (月)

ルバンシュ誕生秘話その1<社名>

お盆はいかがお過ごしですか。今週、スタッフのブログは夏期休暇をいただき、私せんちゃんが、ルバンシュ誕生の秘話を5回シリーズでお伝えしますので、どうかお付き合いください。

第一回目は、“ルバンシュ”という社名です。フランス語で‘復讐’という、何か意味ありげな名前ですよね。

食品研究をしていた当時26才の私が、食品では発ガン性など安全性の問題から、使用禁止になっている成分が化粧品では使用可能である事実を知り、「肌だけでなく身体にもやさしい化粧品を作りたい」という一心で会社設立を決意しました。

ルバンシュ(復讐)の名付け親は、大阪のある女性のコピーライターです。当時、この名前を提案されたとき、鳥肌が立つほどピーンとくるものがありました。「これだっ!」と早速商標登録を弁理士にお願いしたところ、ななな~んと某大手化粧品メーカーが、すでに商標を持っているではないですか。(トホホ)

でも、もうすっかりその気になっている私は、是が非でもルバンシュという商標を手に入れたかったので、某大手化粧品メーカーに交渉して商標を譲ってもらったのです。ルバンシュの名前一つ使用するのにもこんな苦労話があったのです。(続く…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

何が優秀って、形です。

仕事柄、外に出ることが多く、こんがり焼けた友人。日に焼けてしまうのを気にしていないわけではないけれど、日焼け止めをマメに塗るのはやっぱりめんどくさいとのこと。

エポカルUVプロテクトをすすめました。虫除け効果についてはもう語るまでもなく、エポカルUVプロテクトは何が密かに優秀かと言うと、りっちゃんは断然スティック状という『形』だと思います。スプレー状やシート状など、いろいろな日焼け止めがありますが、どれも意外と使いにくい。スプレーは飛び散るし、シートは実はあまりお手軽でもない気がします。

スティック状、良いですよ。忙しい朝に試してみる価値ありです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月11日 (木)

エポカルUVプロテクト、塗ったらこんなの・・・

IMG_0181 「塗ったときどんな感じになるんですか?」とよくお問い合わせがあ ります。確かに実物を見てみたいと思いますよね。お子様にとお考えの場合はなおさらです。そこでよっちゃんは自分の腕に塗ったところをお見せできればと、あまり良いショットが撮れませんでしたが、公開いたします。IMG_0185        ①スーッと滑らせて塗ります。少し白くなりますが、塗りムラを確認できるという利点もあります。②あとは手で軽く肌になじませます。こうすればより肌になじみ、白さも気にならなくな ります。手がべたつく感じもなく、とっても手軽で便利なエポカルUVプロテクト!お子様だけでなく、大人だって重宝する日焼け止めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月10日 (水)

日焼け止めを塗って出かけるって、

時代が変わったなぁっ~とつくづく思います (^ヘ^)

わたくしふっちゃんは、社会人のサッカーチームに入っているんですが、そこでも昔では考えられなかった光景が・・・

オトコガヒヤケドメヲヌッテル・・・(ノ°0°)ノ

もちろん私もその一人。サッカーの練習には必ずサンプロテクトCEエポカルUVプロテクトを持ってっています。メンバーも日焼け止めを塗っている人はいますが、まだまだ少数なんですよ。だから、

「え?! 日焼け止め塗ってんの??σ(゜ー゜*) 」

ってちょっとバカにされたように言われます(-.-") 
でもそのときには、

「これ(エポカルUVプロテクト)、虫よけもできるんだぜぃ」

って言うんですけど。

まぁ、外でスポーツをする男が、日焼け止めを塗る時代はまだまだ先なんでしょうね。
将来、高校野球の球児が真っ白で出る時代がくるんでしょうか?
( ノ ̄∇ ̄)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 9日 (火)

あの虫除け剤がCM中止の危機に!?

先月の読売新聞に市民団体が、ある大手企業の虫除け剤のCMに関して放映中止を求めたという記事が出ました。HPuv上では「小さな子供の体には噴霧しないように。」と注意しながら、CMでは女の子に直接スプレーしているという矛盾を指摘したものです。いかがですか?CMのイメージを鵜呑みにしてはいけないという事実と、市販の虫除け剤の危険性がわかりますよね。

可愛い我が子が蚊に刺されることを思うと、虫除け剤で守ってあげたくなりますが、これでは逆に可哀想。そんな時は“エポカルUVプロテクト”を思い出して!虫からも紫外線からも優しく守ってくれますよ。“エポカルUVプロテクト”の防虫効果は「レモンセントティツリー油」と「シトロネラール」という2つの植物原料の賜物。とんちゃんも胸を張ってお薦めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 8日 (月)

出張の必需品

okinawa せんちゃんです。いま出張で沖縄にきていて、ホテルの部屋でせっせと打っています。

今回は、出張に持っていく化粧ポーチの中身をご紹介します。化粧品会社とはいえ、男がこんなことをして誰が喜ぶのじゃ!と思いつつ、先に進めます。

実は、出張先は開発中の商品を自分の肌で試す格好の場なんです。左から、入浴剤、「ルバンシュクリアフォーム」、化粧水、整髪料、クリーム、「エポカルUVプロテクト」です。

特に、この時期「エポカルUVプロテクト」は手放せません。日帰りの出張でも、必ずスーツのポケットに忍ばせています。貸して欲しい方はお気軽に声をかけて下さい。(いないよね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 5日 (金)

ちょっと調べてみました

「オリーブ」・・平和、知恵 「チョウジ」・・威厳 「カンゾウ」・・物忘れ 「トウモロコシ」・・財宝 「ミカン」・・清純 「ワサビ」・・嬉し涙、目覚め

ルバンシュの商品に含まれている原料の花言葉です。どの花にどんな花言葉があるのかは諸説あるので、なるべく素敵な単語をpick-upしてみましたが、「カンゾウ(甘草)」の花言葉はどうしても、「物忘れ」でした・・・。トラブルを忘れるくらいお肌にいいぞ!・・・ってことで。(苦しい。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 4日 (木)

見てわかるあぶらとり紙。どうです、これ!

IMG_0158 なかなか商品の中身を見れないと思うので、今日はしっかり見てください。  どうです!1枚がしっかりしているのがわかりますか?上向きに持ってもふにゃ~っとしないしでしょ。(ちなみに下は1冊の中に入っている35枚全部です)。 あぶりとり紙はお土産品や化粧品メーカーから多く出回っているけど、あぶとり紙用に製造されているものが多いんです。でも、ルバンシュのあぶらとり紙は実際に箔を打つときに使用したもの。”あぶらとり紙用に製造したものではない”ん です!お客様から「今までのものとは全く別モノ」というお声をIMG_0165 頂いたときは、とってもうれしかったです。もちろん、わたくしよっちゃんもご愛用(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 3日 (水)

ベジタブルリップは本当に食べれる?

04 はい、食べれます、というか舐めれます。(・O・)
ベジタブルリップは本当に食用成分100%で作られていますので。

でも・・・

もちろん積極的に食べたらだめですからぁ~、残念!(≧ロ≦\)

って、本当に食べようとする人はいないと思いますけど (-"-;)


でも、不思議だと思いません??
食べものには「無添加」にすごくこだわっている人が、化粧品には気を使っていないんですから。もちろん化粧品は美白、抗しわなどの効能というのも大切だと思いますが、やっぱりどうしても口に入ってしまったりするものとか、小さいお子様をお持ちのお母さんは、お子様が舐めたりするので、化粧品にも気を使っていただければなぁと思っております。

食用油脂が主剤で作られたリップと、石油から精製された油が主剤で作られたリップ。
どちらを使いたいですか?? o(^~^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 2日 (火)

とんちゃんのお薦め ~お風呂編~

cimg0257_thumb1 ヒーリングサウナってご存知ですか?私は今、かなりはまっています。ハーブの香りと波の音などの心地よい音楽に包まれて寝ながら入る低温サウナで、私のお気に入りは金沢市郊外の祥楽の湯

この時期に鍋焼きうどんを食べても全く汗をかかない(←本当に(;-_-;))代謝の悪い私は普通のサウナだと、すぐのぼせてしまいますが、ここに限っては大丈夫。寝入ってしまう人もいる位のリラックスできる空間です。私は腕を挙げて普段なかなか見れない汗をわざと流れさせて、恍惚の表情で見とれています。25分間の工程が終わると、浴衣もぐっしょり。すばらしい爽快感が味わえます。汗が出にくい方には、ぜひとも体験して欲しいスポットです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »